浮気調査でICレコーダーを使って大丈夫!バレない方法や選び方を徹底解説!

妻や夫の行動がおかしい・・・浮気しているかもって疑ったときに、ボイスレコーダーをしかけてみようって思ったと思います。

今回は浮気調査でICレコーダーを使って大丈夫なのか、またICレコーダーの選び方やバレない設置方法、ICレコーダーは浮気の証拠として使えるのかなど、徹底解説します。 

 

最近、妻の行動が怪しいんですよね。

調べるためにICレコーダーを家の中に設置しても大丈夫ですか?

問題ないと思います。

でも、設置場所に気をつけないとすぐにバレてしまうため注意してくださいね

わかりました。

ICレコーダーは浮気の証拠として使えますか?

証拠として使えますが、ICレコーダーの記録だけだと証拠としては弱いですね。

ICレコーダーを証拠として活かす方法

ICレコーダーの選び方

バレない設置方法 などを、ご紹介しましょう。

よろしくお願いします。

 

浮気調査でICレコーダーを使って大丈夫な理由

ICレコーダーをしかけて犯罪にならないか不安って思うかもしれません。

 

結論からいうと、ICレコーダーを使って浮気調査をしても大丈夫です。

家や車など自分の所有物に対して盗聴器やボイスレコーダーを設置する行為には、違法性はありません。自宅の寝室に盗聴器を設置する、車にボイスレコーダーを設置するといった行為が、こちらにあてはまります。

引用元:SAT探偵事務所

 

妻や夫の浮気調査をすることがほとんどだと思うので、自宅内や車にしかけるようになると思います。

しかし、ICレコーダーを仕掛けられる場所が決まっているため注意してください。

 

必ず知っておくべき注意点をご説明します。

 

浮気調査でICレコーダーを使うときの注意点

ICレコーダーを仕掛けるときの注意点はいくつかあります。

 

仕掛ける場所は自宅か自分が所有する車であれば、合法的に大丈夫でしょう。

 

しかし、浮気相手の車だったり、浮気相手の敷地内などに仕掛けてしまうと違法になってしまいますので、注意してくださいね。

 

ICレコーダーはバレる可能性がある

ICレコーダーは浮気調査で使えますが、バレる可能性もあることがデメリットです。

 

ボイスレコーダーを設置する場所は、ある程度音声が拾えないといけないため、普段生活する時間が長い空間に設置することになります。

 

そのため設置したICレコーダーが見つかってしまう可能性があります。

 

見つかってしまうと夫婦関係がさらに悪くなったり、警戒されて証拠をつかめなくなってしまいます。

ICレコーダーは浮気調査でかなり役立つものではありますが、バレないように注意しましょう。

 

バレないようにICレコーダーを設置する場所

ICレコーダーは絶対にバレてはいけません。

 

しかし、ICレコーダーはしっかと音が拾える場所に設置しなければいけないので、普段生活している時間が長いリビングなどに設置することになります。

 

またICレコーダーは電池や充電式であり、miniSDカードなどへの録音になるため、簡単に回収できたり設置できる場所であることがポイントです。

 

妻の浮気調査の場合

妻の浮気調査をする場合、妻は自宅にいる時間が長いためICレコーダーが見つかってしまうリスクが高いです。

 

そのため妻が絶対に触れない場所や自分の所有物の中に隠す必要があります。

 

しかし、妻が日中過ごしているスペースからICレコーダーを設置する場所が遠すぎてしまうと音声が拾えないため注意しましょう。

 

〜設置場所〜

  • 本棚の隙間
  • エアコンの上や中
  • ソファーの隙間

 

夫しか触らない本棚があればそのどこかに仕掛けてもいいでしょう。

 

エアコンを使わない季節であれば、エアコンの見えない部分に設置するのもいいかもしれません。

 

ソファーの下など大きな家具でほとんど触らない部分に設置するのもいいでしょう。

 

車に設置する際も、椅子の後ろのポケットなど簡単に見つかりそうなところは注意しましょう。

 

また椅子の下に設置するのもいいですが、車の走行音などで音が拾えない可能性もあるため、一度設置してみて音が拾えるか確認しておくことがポイントです。

 

夫の浮気調査の場合

夫は妻と違って仕事で家にいないことが多いため、ICレコーダーを設置してもなかなか証拠となるものは録れない可能性があります。

 

仕事の昼休みなどに連絡を取った方がリスクはなく、わざわざ家で浮気相手を電話をしたりすることもないと思います。

 

しかし、妻が仕事中は実家に帰っているときは浮気をする可能性もありますので、設置しておいてもいいでしょう。

 

リビングはキッチンとつながっている家庭が多いので、キッチンのどこかに隠しておくのもいいでしょう。

家の中は夫より妻のほうが知り尽くしているため、よっぽど目立つところに設置しない限りは見つからないでしょう。

 

しかし妻が注意するのは車に設置するときです。

 

夫の車に浮気相手を乗せるときは絶対に車をきれいにするために車内を掃除しますが、そのときに見つかってしまう可能性があります。

 

車の椅子の後ろのポケットなどは見つかりやすいため、注意しましょう。

3列シートであれば一番後ろに設置するのもいいですが、音が拾えるか確認が必要です。

 

また椅子はチャック式のカバーが付いていると思いますが、その中に仕掛けるのもありです。

椅子の下やダッシュボードの中は意外と触ることが多いので、注意してくださいね。

 

ICレコーダーを選ぶときの7つのポイント

私が実際にICレコーダーを選んだときのポイントはこれです。

 

〜ICレコーダーを選ぶポイント〜

  • 連続録音可能時間
  • miniSDカードなどのメモリ媒体が使えるか
  • 連続使用可能時間
  • タイマー機能があるか
  • 広い範囲の録音が可能か
  • ノイズキャンセル機能
  • 電池式タイプ

この7つは必ず確認した方がいいですね。

 

連続録音可能時間や連続使用可能時間は、とても重要です。

朝に録音開始をして夜に録音停止しても12時間以上は連続で使うことになります。

 

また実家に1泊しているときであれば24時間以上は録音することになるため、連続で長く使えるものを選びましょう。

 

MiniSDカードのメモリ媒体を使えることもポイントです。

ICレコーダーに録音するとすぐに容量がいっぱいになってしまいます。

 

容量がいっぱいになったらパソコンに移さないと行けないため手間がかかりますし、データを移している際にでバレる可能性もあります。

 

しかしSDカードに録音すれば、すぐに新しいSDカードに差し替えるだけで大丈夫なので、メモリー媒体が使えるものにしましょう。

 

ICレコーダーに録音するタイプですと容量が増えれば増えるほど料金が高くなってしまうので、料金面でもメモリー媒体が使えるほうが良いですね。

 

タイマー機能も重要です。

ICレコーダーを設置するタイミングはほんの一瞬です。

相手が風呂に入っているときやトイレに行っているときでないとバレる可能性があります。

 

明日の録音をしたいのに夜に仕掛けたらずっと夜中も録音しっぱなし状態になると、電池も録音容量も無駄になってしまいますよね。

 

そうならないためにも、タイマー機能はとても重要ですね。

夜にICレコーダーを設置しても、朝の9時から録音を開始するタイマー設定もできたりするので、電池も容量も無駄に使うことなくできますので、絶対にあった方がいい機能の一つです。

 

ノイズキャンセル機能も重要です。

この機能はほとんどのICレコーダーについているので大丈夫かと思いますが、録音して聞いてみると結構雑音が入ります。

そうなると肝心な音声が聞こえにくくなってしまいますので、ノイズキャンセル機能があるか確認してくださいね。

 

そして、特に重要なのが充電式ではなく、電池式タイプのICレコーダーを選んでください。

充電式だとバレるリスクを考えると家で充電できないので、どこか違うところで充電をしないといけません。

また充電が満タンになるまで数時間かかります。

 

もし充電をし忘れた場合はICレコーダーを設置することができなくなってしまいます。

しかし電池タイプであれば、交換すればいいだけなのでかなり便利ですね。

 

ICレコーダーの記録は証拠になる?

ICレコーダーの記録が証拠になるかというと、証拠にはなりますがこれだけでは弱いです。

 

浮気を立証するには、不貞行為があることがわかる(推測ができる)決定的な証拠が必要になります。

 

音声だけでは冗談話と言われ、言い逃れをされる可能性がありますし、不貞行為があるということを立証することは難しいです。

 

しかし、浮気相手とホテルに入る写真などの証拠がある場合は、ICレコーダーの証拠は威力を発揮します。

そのため浮気現場の決定的な証拠は手にれておくことがとても重要です。

 

私が浮気の証拠を掴んだ方法とICレコーダーの証拠の使い方

私の場合、浮気の決定的な証拠は探偵にお願いをして撮ってもらいました。

 

ホテルに入る証拠写真などは自分で撮ることは無理ですし、証拠を集めていることがバレてしまったら警戒され、証拠がつかめなくなります。

 

浮気の決定的証拠はいつ使うかと言うと、慰謝料請求のときや親権争いなどで使います。

調停離婚や裁判など法の場でかなり効力を発揮するため、少しでも有利に進めるためにも絶対に浮気を立証できる決定的な証拠はあったほうがいいです。

 

証拠がないと慰謝料請求もできず、親権争いでも負けてしまう可能性が十分ありえるので、あとで困らないためにも絶対に決定的な証拠は手に入れておいた方がいいですね。

 

それに、浮気の証拠を使って浮気相手から慰謝料が取れれば、探偵費用は問題なくチャラにできるので大丈夫です。

 

さらに浮気の決定的な証拠に加え、ICレコーダーの証拠はかなりの威力を発揮します。

ICレコーダーでは浮気している妻や夫の本音を探ることができます。

 

本気で浮気をしているのか、遊びで浮気をしているのか。

もし本気で浮気をしているのであれば、離婚して親権を取るためには、しっかりと証拠を集めて準備をしなければなりません。

 

また、離婚調停などになったときも相手は普通に嘘の供述をしてくることがあります。

実際に私の元妻も自分に都合が良いように供述をしてきました。

でも、ICレコーダーの記録があったので、完璧に供述をひっくり返してやりました。

 

このようにICレコーダーは証拠として活躍することができますが、それは浮気の決定的な証拠があるという場合です。

 

もし浮気を疑っているのであれば、相談は無料なので一度浮気調査のプロの探偵に相談してみるといいですね。

信頼できる探偵はこちら。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です