離婚前に別居は絶対にしてはいけない重要な理由とは?!父親は要注意!

夫婦の仲が悪くなり別居の話が出たり、妻が子供を連れて家を出ていくと言い出すことがありますが、絶対に別居をしてはいけません。

別居をすると父親が子供の親権が取れなくなる可能性が高くなるので要注意。 

 

あとのことを考えずに、その場の感情で別居をしてしまうと後で取り返しの付かないことになってしまいます。

親権を取りたり父親は絶対に別居をしないほうがいい理由や対象方法をご紹介します。

 

別居してはいけない理由とは

夫婦仲が悪くなったときに別居の話がでることがあります。

 

子供のために、“離婚でなければ、試しに別居して様子を見てみようかな”そう思うかもしれません。

 

夫婦としては別居して距離を置くことでいい方向へ向かうケースもあるかもしれませんが、安易に別居をしてしまうと取り返しのつかないことになってしまうため注意が必要です。

 

特に妻が子供を連れて別居するケースだけは絶対に阻止しなければなりません。

 

それは別居後に離婚することになった際に、父親が親権を取れる可能性が限りなくゼロになってしまうからです。

 

さらには別居期間中の生活費用も請求され大変なことになり、取り返しの付かないことになります。

別居すると親権を取りづらくなる理由とは

妻が子供を連れて出ていき別居後に離婚になった場合、父親が親権を取れる可能性はほぼ無理です。

 

父親も母親も親なのだから同等の立場だと思いますが、親権争いでは圧倒的に母親の方が有利です。

 

子供の親権は“子の福祉”を第一に考え決められます。

簡単にいえば、父親と母親のどっちを生活したほうが子供にとって幸せかと言うことです。

民法766条1項
父母が協議上の離婚をするときは、子の監護をすべき者、父又は母と子との面会及びその他の交流、子の監護に要する費用の分担その他の子の監護について必要な事項は、その協議で定める。この場合においては、子の利益を最も優先して考慮しなければならない。

民法766条2項
前項の協議が調わないとき、又は協議をすることができないときは、家庭裁判所が、同項の事項を定める。

引用元:e-Gov

 

また母親の方が親権が有利な理由として、母性優先の原則や監護養育実績、継続性の原則などがあるからです。

母性優先の原則とは

乳幼児であれば,授乳という身体的な問題から,母親が子供の養育者として適切と言えるでしょう。
また,身体的ダメージを受けて出産した,という『母親のみ』のプロセスもリスペクトされます。
そこで,親権者は『母親優先』という原則があります。
引用元:弁護士法人みずほ中央法律事務所

 

母性優位の原則とは、子供が小さいうちは母親や母性が必要という考え方で、母親の方が有利になりやすいです。

 

監護養育実績とは

監護養育実績とは、どのくらい子供の養育に関わってきたかという実績です。

 

父親はフルタイムで働いていることが多く、どうしても母親の方が子供と一緒にいる時間が長く、養育実績でも母親の方が有利です。

 

継続性の原則とは

『継続性の原則』とは,現状維持,現状の尊重ということです。
それまでの子供の生活環境(監護状況)が安定している場合は,この実績は重要です。
現実的な監護者と子供の継続的な心理的結びつきは保護した方が子供のためになる,と考えられているからです。
引用元:弁護士法人みずほ中央法律事務所

 

今まで子供の生活環境だったり、監護状況が安定しているのであれば、それを継続したほうが子供にとって良いということです。

 

つまり、別居して母親が子供を育てている期間が伸びれば伸びるほど、母親の方がどんどん有利になっていってしまうということです。

 

そのため、妻と別居する場合は絶対に父親が子供を育てた方がいいですし、もし妻が子供を連れて出ていきそうな場合は別居をなんとしても阻止しなければなりません。

 

このようなことから父親が親権を取ることは大変であるため、妻から別居を迫られていも簡単に了承してはいけません。

 

 

別居を回避し、親権を取る可能性を上げる方法

別居を回避するには、ガマンするしかありません。

 

妻からひどいことを言われるかもしれません。

妻が好き勝手お金を使ったり、あなたに家事を押し付けてくるかもしれません。

 

それをじっと我慢してください。

 

色々と言われてイライラするかもしれません。

 

でも、子供の親権を取りたい、これからも子供と一緒にいたいと思うのであれば、一時の我慢です。

 

もし我慢せず、感情のままケンカをしてしまったら、すぐに離婚を切り出される可能性があります。

これだけは絶対に避けてください。

 

ただガマンをするだけではありません。

別居を切り出してくるということは、奥さんの頭には離婚も想定して動いています。

 

奥さんに親権を取られないためにも、離婚になったときに親権を取れるように準備をしておくことが重要です。

 

あなたの浮気や浪費、ただ単に性格の不一致などが別居の理由でなく、奥さんから一方的に言われた場合は、奥さんが浮気をしている可能性があります。

 

浮気のチェックポイントをいくつか載せましたので、当てはまるか確認してみてください。

〜浮気のチェックポイント〜

  • 新しい下着が増えた
  • スマホの暗証番号が変わった
  • スマホをトイレや浴室まで持っていくようになった
  • 急に容姿を気にし始めた
  • 妻に触ろうとすると拒否されるようになった
  • 子供への態度がなんとなく変わった
  • 友達と出掛けても、その話をしない。写真もみせない。
  • エステや美容室に行く回数が増えた
  • 香水などの匂いをつけるようになった
  • 話の話題や聴く音楽が変わった
  • 予定や帰りの時間などをよく聞いてくる など。

 

もしこのチェックポイントに当てはまる場合は、浮気を疑ったほうがいいです。

 

実際に私も妻も当てはまることが多くあり浮気をしていました。

また探偵に浮気調査を依頼したので、完璧な浮気の証拠をつかんでもらうこともできました。

 

でも、妻には浮気の証拠を突きつけず、私は何も気づいていない態度で生活をしていました。

 

何も気づいていない態度でいながらも、探偵が撮った浮気の証拠以外に、妻が私に家事を押し付けていた証拠や暴言を吐いたことも写真や音声に残し証拠集めをしていまいた。

 

別居をしないようにガマンしている分、妻は好き勝手な生活をします。

それを逆手にとり、妻が家事や子育てをおろそかにしている事実の証拠、浮気の証拠などを集められるだけ集めました。

 

これらの集めた証拠はすべて親権争いになったときの材料になります。

 

親権争いは母親の方が有利なので、父親としては母親より自分の方が子供にとって良いということをアピールしなければならないので、このような証拠は役立ちます。

 

証拠を集めながら探偵や弁護士と相談し、親権を取れるように作戦を練り準備を進めました。

その結果、大変でしたが奇跡的にも親権を取ることができて本当によかったです。

 

そのときの体験談などをこちらに書いているので、親権を取りたいと少しでも思っているなら読んでみてくださいね。
詳しくはこちら。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です