携帯から妻の浮気の証拠を掴む方法とは?これ知らないと失敗するぞ!

携帯には浮気の証拠が確実に入っていますが証拠を掴むことが難しく、注意点を知らなければ失敗する可能性があります。
実際に私が自分で行った浮気調査や携帯以外にも掴んだ証拠についてご紹介します。

 

浮気の証拠は慰謝料請求や親権で争うときに必ず必要になりますが、実は使える証拠(役立つ証拠)と使えない証拠(役立たない証拠)があります。

いくら自分で使える証拠だと思っていても、裁判になったときに使えない証拠だと判断されてしまったら意味がありません。

 

今回は、自分でできる証拠の集め方や必ず注意するべきこと、そして使える証拠と使えない証拠についてもご説明します。
私の実体験も含めてご紹介するので、是非参考にしてみてくださいね。

 

携帯にあった浮気の証拠は使える?

浮気をしている事実を証明するには、浮気の証拠が重要です。

浮気の証拠で多いのが、携帯のメールやLINEなどですよね。
芸能人での浮気相手とのLINEのメッセージが公開されて、浮気が公になったニュースもありました。

 

例えば、妻のLINEに「好きだよ♡」とか「また出かけようね。」というメッセージが残っていたら浮気していると思いますか?
普通に考えれば浮気をしているって思いますよね。

 

確かにこれだけを見ると浮気をしていると思います。
でも、これだけでは浮気をしていることを立証することは難しいです。

 

つまり、これだけだと言い逃れをされてしまうということです。
なぜなら、「好きだよ♡」=浮気をしているにならないからです。

 

日常的に♡の絵文字を使っている女性もいますし、「好きだよ」といっても恋愛感情でない「好き」もあります。
それにスマホでやり取りとしていても、ただ文章だけのやり取りだけで実際には会ったりしていないこともあります。

 

もう一つ例を上げましょう。
男の人とツーショット写真があったとしますが、これでも浮気を立証することは難しく、言い逃れされる可能性があります。

 

ラインのやり取りを妻に突きつけても浮気をしていないと言い逃れをしたり、逆に開き直るケースもあります。

挙げ句の果てには子供を連れて出ていき、子供の親権を妻に取られて離婚という結末になってしまう可能性も十分あります。

 

そうなってしまうと父親はお手上げ状態。
ただでさえ父親が子供の親権を取るのは難しいので、どうにもなりません。

 

妻が100%悪いのに子供の親権を取られ離婚なんて、「ふざけるな」の一言以外なにもありませんよね。
でも、現実ではそうなってしまうケースはあります。

 

そうならないためにも、妻や浮気相手に言い逃れをできないようにさせる必要があります。
そのときに重要なのが“普通の関係以上の証拠”です。

例えば、

  • 車内で抱き合ってキスをしている写真
  • 腕を組んでホテルに入っていく写真
  • 不貞現場の写真

普通の関係ではやらない現場の写真などを抑えることが重要です。
これが複数あればあるほど、不貞がある浮気を立証できる確率が上がります。

 

自分で集めたLINEやメールの証拠だけでは、かなり弱いです。
でも不貞現場の決定的な証拠があれば、自分で集めた携帯の浮気の証拠は威力を発揮します。

 

協議離婚はお互いの話し合いなので証拠は微妙かもしれませんが、調停や裁判になるとアピールポイントにもなるため役立つ証拠になります。

 

では、どうすれば不貞現場の写真などを取ることができるのかというと、私は探偵に依頼をしました。
自分一人の力では浮気現場の証拠を取ることはかなり難しく、仕事もあるのでほぼ不可能です。

それに浮気の写真が取れたとしても、浮気相手の居場所などと突き止めなければ言い逃れされてしまいます。

 

幸いにも私の場合は、自分だけでは絶対に撮れない浮気・不貞の決定的な証拠を掴んでもらえたので、言い逃れができないようにガッチリと固めることができました。

 

もし、その証拠がなかったら、今頃は子供の親権もなく、仕事も辞め、人生に希望が持てなかったと思います。

妻の浮気が原因で離婚をしても、裁判で親権を争うと父親が親権を取ることは難しいので、本当に親権を取ることができてよかったです。

 

そのときの実体験や父親でありながらも親権を取れたことについては、こちらで詳しくまとめてあります。

親権を取れた実体験はこちら。

携帯に残っている浮気の証拠を集める方法

携帯を触るときの注意点

浮気の証拠が一番出やすいのが携帯です。
お風呂やトイレまで携帯を持ち歩いているのであれば、確実に浮気の証拠は入っています。

 

浮気相手と連絡を取る手段が携帯しかないので、当たり前といえば当たり前ですが、そのぶんガードが最も強いです。
LINEやメール、写真などが浮気の証拠が入っている可能性は高いですが、なかなか証拠を押さえづらいのも携帯です。

 

それに、用心深い妻であればデータは消している可能性も高いです。

もし自分が浮気をしていたら、LINEや写真を携帯に残しておきますか?
バレないように絶対に消しておきますよね。

 

では、なぜお風呂やトイレに持っていくのか?
それは“急に連絡が来たとき”や“消し忘れでバレる”のを恐れて常に持ち歩いています。

 

なので、無理に妻の携帯を探ろうとすると逆に怪しまれるので絶対に無理をしてはいけません。

 

もし携帯を確認するのであれば次のポイントがいいでしょう。

  • 妻が子供に携帯をかしているすき
  • 一瞬席を外したとき

浮気中の妻は携帯を長時間置いておくことはないので、その一瞬を狙うしかありません。

寝てる間に調べようとしても、意外と起きて気づかれることもあるので、無理なチャレンジはしないほうが吉です。

携帯ロックのパスワードに注意

基本的に携帯はパスワードがかかった状態で置かれていますよね。

 

最近はiPhoneユーザーが多いので、指紋認証か顔認証ですよね。
寝ているスキに指紋認証もできなくもないですが、手を触るのでリスクは高いです。

 

また顔認証も寝顔はできません。
実際に私もiPhoneⅩを使っていますが、目を閉じたりしているとロックは解除されません。

 

そのためロックを解除するにはパスワードが一番安全です。
だいたいの人は4桁の数字を使っています。

 

iPhoneはパスワードの入力ミスを6回行うと、1分間携帯を使えなくなります。
また画面上には以下のメッセージが表示されます。
『iPhoneは使用できません 1分後にやり直してください』

 

つまり、携帯を触ったことがバレてしまいます。
そう考えると1回のチャレンジでパスワード入力をできるチャンスは5回しかありません。

 

そのため思いつきでパスワードを入力するのではなく、ある程度予測を立てておく必要があります。
パスワードを知る方法で一番手っ取り早いのが、パスワードを解除するときに盗み見ることです。

 

でも、パスワードを入れる時は指紋認証や顔認証に失敗したときなので、なかなかその場面になることは少ないかもしれません。

 

あとはパスワードにしそうな数字を考えることです。
浮気しているときは以前のパスワードと変わっている可能性が高く、しかも夫がわからないようなパスワードにしていることが多いです。

 

自分や家族の誕生日、通帳のパスワードなどにする可能性は低いでしょう。
試しに入れてみるのもありですが、たぶん開かないでしょう。

 

夫がわからないものにするとするならば、浮気相手の誕生日や浮気を始めた日などにするでしょう。
そうなるとなかなか解読は厳しくなります。

 

その日にちを予想するのであれば、妻から『○月○日は友達と出かける予定があるから、絶対に子供の面倒をみてね』など予め日にちを指定してくる日が怪しいです。

 

女性は記念日に会いたいと思う人が多いので、予めこの日は出かけるという日は何かある日の可能性があります。
1ヶ月とか2ヶ月前に言ってきた場合はかなり怪しいです。

 

誕生日であれば、その日がパスワードの可能性があります。
1月1日 ⇒ 0101

 

記念であれば、下二桁の日にちの部分はそのままにして、上二桁の数字だけ月ごとに変えてパスワードに入れるのもありです。
1月10日 ⇒ 0110
2月10日 ⇒ 0210

このように予測してパスワードを入れてみるのもありですね。

 

携帯の位置に注意

携帯を触るときは携帯の位置や置き方に注意が必要です。
用心深い人の場合、携帯の置き方を覚えている人がいます。

 

携帯を触って戻した時に、置き方が違うとバレる可能性があります。
妻の携帯を手にするときは、必ず携帯の向きなどを覚えてから触るようにしましょう。

 

携帯で浮気の証拠を見つけたときにやること

浮気の証拠は写メを撮る

運良く携帯を見ることができ浮気相手とのラインやメールなどがあったら、写真を撮っておきましょう。

浮気のラインを見て内容を覚えても証拠にはならないので、しっかりと写真で残しておくことがポイントです。

 

浮気相手の連絡先を掴む

もし可能であれば、浮気相手が誰なのか、連絡先も含め確認しておきましょう。
浮気相手がわかれば証拠も掴みやすいし、慰謝料請求や相手との示談交渉で相手の情報が必要になります。

探偵に依頼すれば浮気調査に加えて相手の素性調査も行ってくれますが、調査料が増えてしまいますし時間もかかります。

そのため電話履歴やメール、電話帳からわかれば写真で残しておくといいでしょう。

 

携帯以外にSNSにも浮気の証拠がある

浮気相手の連絡はLINEやメール、電話が多いと思われがちですが、なかにはバレないようにツイッターやフェイスブックのメッセンジャー、それ以外のアプリなどを使っていることもあります。

 

LINEやメールを見ても証拠がない場合は、ツイッターやフェイスブックなどを調べると証拠が出てくることがあるためチェックしましょう。

 

携帯以外にも浮気の証拠を探し、親権争いに備える

浮気の証拠のほとんどは携帯から見つかります。
しかし携帯以外でも証拠が見つかったり、調停や審判で役立つ証拠をつかめることがあります。

 

レシートなども証拠になる

レシートも証拠として使えることがあります。

ホテルを利用したレシートなど浮気に関するものがあればいいですが、なかなかそんなレシートを取っておくことはないですよね。

では何に使うかというと、妻の浪費などの証明です。
家計が厳しい中、妻が高額の美容を行っていたり、高額の衣類などを購入している場合は、浪費の材料として使えることがあります。

 

なかなかこれだけで役に立つことはありませんが、親権で争う時に妻の浪費癖をアピールすることもできるので、材料として使えそうなものは撮っておくとよいでしょう。

 

子供に対する態度

妻の子供に対する態度も絶対に残しておきましょう。

例えば、

  • 子供の面倒を夫に見させて浮気相手と会っていた
  • 浮気に夢中になって子育てをおろそかにしていた
  • 携帯ばかり触っていて子供の相手をしない
  • 子供に対する態度が悪い

子供に対する態度が悪い場合もしっかりと記録に残しておくと良いです。
また子供に暴言を吐いたりする場合は音声として残しておくといいでしょう。

 

親権を争うときに、妻が子供に対する態度が悪いことをアピールすることができます。
父親が親権を取ることは大変なことですが、このように些細なこともしっかりと記録として残り、戦う材料として確保しておくことが大切です。

 

ボイスレコーダーで録音

ボイスレコーダーを仕掛けて浮気の証拠を掴めることもあります。

また浮気相手と会う日時もわかり、日時がわかれば探偵に決定的な証拠を撮ってもらえる可能性が大幅に上がります。

 

しかし、ボイスレコーダーを使うには注意することがいくつかあります。

 

配偶者の不貞行為を探るために家や車などの夫婦共有スペースでボイスレコーダーを使用することは原則的にはプライバシーの侵害にはなりません。

しかし、共有スペースではない場所、例えば以下のような場所での使用は違法行為にあたります。

・別居中の配偶者の家
・浮気相手の家や車

引用元:アーカス探偵事務所

 

ボイスレコーダーを仕掛けるのであれば、自宅内か所有の車ですね。
それ以外のところだと違法になる可能性があるため注意しましょう。

ボイスレコーダーの注意点

  • ボイスレコーダーだけでは浮気や不貞行為の立証は難しい。
  • バレる可能性があり、バレたら余計に証拠を掴みづらくなる。

探偵が決定的な浮気の証拠を撮ってくれている場合は、ボイスレコーダーを追加の証拠として活かせる部分はありますが、ボイスレコーダーだけでは厳しいです。

 

そして、バレる可能性があります。
ボイスレコーダーは音声を録音するため、ある程度近い距離に設置をしなければ音声をきれいに拾えません。

 

特に妻に家にいる時間が長く、部屋の掃除をしたり、部屋になにがあるか把握をしているため、ボイスレコーダーに気づく可能性があります。

 

私もボイスレコーダーを仕掛けたことがありますが、妻が絶対に触らない私の所有の場所にしました。
設置する場所は特に注意してくださいね。

 

ボイスレコーダーの選び方

音声はボイスレコーダーの性能にも大きく左右されるため、ある程度良いものを選んだほうがいいでしょう。

私が選んだ時のポイント

  • バッテリーが長持ちする。
  • 充電式ではなく、電池式
  • SDカードなどの記録媒体が使えるもの
  • タイマー機能がある
  • ノイズキャンセル機能がある など

基本的に自分が家にいない時間を録音するため、長時間バッテリーが持つものが良いです。

 

また充電式だと充電時間が必要なため、電池式ですぐに交換できる方がいいです。
なぜかというと、充電していると気づかれる可能性があることや、ボイスレコーダーを気づかれずに設置できるタイミングは一瞬しかないからです。

 

録音できる時間も重要です。
ボイスレコーダー内だけでは絶対に容量が足りなくなるので、SDカードなどを入れられるタイプが良いでしょう。

 

タイマー機能も大活躍します。
自分が寝る前に仕掛けると寝ている時間も録音してしまい、バッテリーなどが無駄になってしまいます。

タイマー機能があれば、自分が出かけるぐらいに自動的に録音が始まりますし、妻が仕事で家にいない時間も録音をしなくて済みます。

それに録音を聞く時間が短くなること一番助かりました。
毎日何時間も録音して、仕事から帰ってきてそれを聞くのは本当にきつかったです。

それからタイマー機能を使うようにしたら、かなり楽になったので、タイマー機能は絶対にあった方がいいでしょう。

 

ノイズキャンセル機能もあった方がいいです。
特に車内は雑音が多いので、ノイズキャンセルがないと音声が聞き取れないことがあるのであるとよいでしょう。

 

自分で浮気の証拠を集めるときの注意点

さきほどもお伝えしましたが自分で抑える証拠は弱く、あくまで決定的な証拠があった上で効果を発揮します。

実際に私も行った証拠集めの方法などをご紹介しますが、そのまえに絶対に注意しなければいけないことがあります。

 

浮気の証拠を集めていることをバレないようにする

自分で浮気の証拠を集めるときに必ず注意しなければならないので、

“浮気の証拠を集めていることを、絶対に妻にバレてはいけない”ことです。

もし浮気の証拠を集めていることがバレたら、

  1. 浮気の証拠を消される
  2. 浮気相手と会う時に警戒されて証拠が撮れなくなる
  3. 親権が取れなくなる可能性が上がる

浮気の証拠を掴むときは妻が油断していればしているほど取りやすくなります。

 

妻にバレたときに一番最悪のケースが、③の“親権が取れなくなる可能性が上がる”ということです。
先ほどもお伝えしましたが、妻が浮気をしていても子供の親権を父親が取るのは非常に難しいというのが現実です。

 

なぜなら、母性優位の原則や子育ての実績は圧倒的に母親の方が有利だからです。
子供の年齢が低ければ低いほど母親に親権が行きやすいのが日本の現状です。

 

妻が浮気をして100%悪くても、親権争いで裁判などの法の場に行ってしまうと圧倒的に父親の方が不利となり、親権を取ることは厳しくなります。

 

浮気妻なんかに大切な子供の親権を渡したくはありませんよね。
そうなったときに少しで有利な立場にするために浮気の証拠がとても重要となります。

なので、浮気の証拠を集めていることは絶対にバレてはいけません。

特に気をつけること

  • 浮気の現実を知っても態度や顔に出さない
  • 浮気を疑っているかのような質問をしない
  • 今までと同じ態度で接する

頭にきて、全部暴露し白状させようとしても、白状しないことがほとんど。
そうなってしまったら、すべてが水の泡です。

 

実際に私も頭にきて「浮気していることを知ってるんだぞ!」と言いそうになってしまったことがありますが、探偵から「何を言われてもこらえてください」と忠告を受けていたので、じっと我慢をしました。

あのときに暴露していたら子供の親権は取れていなかったと思います。

 

子供の親権を取るためにはジっと我慢をし、探偵や弁護士と相談しながら準備を整えることがとても重要ですし、父親が親権を取るにはこの方法しかありません。

 

自分で浮気の証拠を集めるときは、このことを常に頭に入れておき、無理せずに証拠を集めることが重要です。

 

自分の携帯の管理に注意

自分の携帯のパスワードなどもしっかりと管理することが大切です。
自分が知らないうちに、妻が携帯を見ている可能性はあります。

  • 探偵や弁護士とのやり取り
  • 証拠を集めの写真 など

妻に見られたら全部が水の泡になってしまいます。

 

パスワードを変えて妻に教えないようにするにもいいですし、逆にそれで妻に疑われそうであれば、探偵などとの連絡の取り方に工夫をしましょう。

 

例えば、スマホの中のメールアプリでメールをするとすぐにバレてしまいます。
そこで役立つのがグーグルのGメールです。

Gメールであれば、携帯のメールアプリではなく、ネット上でメールを開くことができます。

 

手順は簡単で誰でもできます。

  1. ネットでグーグルを検索
  2. グーグルにログインする
  3. ログイン後にメール画面でメールのやり取りをする。

 

こうすることで、簡単にはメールでやり取りをしていることがバレることはありません。
しかもPCでもメールを開けるため、変に携帯をいじって怪しまれることもありません。

自分の携帯のセキュリティもしっかりとしておきましょう。

 

浮気の証拠は時系列でまとめておく

最後に集めた証拠は時系列でわかるようにまとめて置くことが大切です。
実際に調停や慰謝料請求、親権争いなどで証拠を使おうと思ったときに、まとめってないとかなり大変です。

 

特にボイスレコーダーは後で聴き直すのもかなり大変なので、できるだけ録ったボイスレコーダーは毎日聞くようにして、同時に文字で書き起こしておいたほうがいいです。

調停や審判などで使う資料はすべて文字に書き起こして種類で提出するため、それを後でやろうとするとかなり大変です。

また書き起こしておけば、あとでボイスレコーダーの一部を証拠として使う時にチョイスしやすいです。

 

実際に私も体験してみて、ボイスレコーダーを聞いてパソコンで書き起こす作業はかなり大変でしたが、あとでかなり役立ったので絶対にやっておいたほうがいいです。

 

さいごに

自分で集める証拠は、浮気や不貞行為の決定的な証拠があったうえで初めて役立ち、威力を発揮します。
ご紹介しましたが、携帯での浮気相手とのやり取りやボイスレコーダーだけでは、不貞行為の立証は難しいです。

 

自分で集められる証拠は集めつつ、決定的な証拠は探偵に依頼したほうが確実ですし、調停や親権争いで使える証拠を得ることができます。
私も実際に探偵に依頼し、言い逃れができない決定的な証拠を使うことができました。

 

私が実際に探偵を依頼したり、自分で証拠を集めた内容についてはこちらで詳しくご紹介しています。
是非、参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です