【要注意】浮気の慰謝料請求には時効があるって知っていますか?!

浮気が原因で慰謝料請求をすることがありますが、実は慰謝料にも時効があるって知っていますか?

時効になってしまうと慰謝料が請求できなくなってしまうため、損しないためにも知っておきましょう。

慰謝料に時効があるんだ?!って初めて知る方が多いと思いますが、実際に時効が過ぎてしまい請求できなかったとうケースもあります。

それでは詳しくご紹介しましょう。

 

慰謝料請求の時効はいつまで?

慰謝料請求できる期間は3年となっています。

つまり、浮気を知っても10年、20年経ってから慰謝料を請求しても取れる可能性はほぼないということですね。

 

民法724条
不法行為による損害賠償の請求権は、被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から三年間行使しないときは、時効によって消滅する。不法行為の時から二十年を経過したときも、同様とする。
引用:e-Gov

 

浮気といっても不貞行為のある浮気が慰謝料請求できるポイントとなります。

不貞行為とは、簡単に言えば夫もしくは妻以外の人と肉体関係をもつことです。

普通に考えれば、浮気=肉体関係がありますよね。

不貞行為(ふていこうい)とは、夫婦・婚約・内縁関係にある男女のどちらかが、配偶者以外の異性と自由意志で肉体関係を持つ「貞操義務違反」
引用:離婚弁護士ナビ

 

慰謝料請求の時効はいつから始まる?

慰謝料請求の時効3年のカウント開始は、不貞行為があったときや不貞行為を知った時から起算となります。

 

離婚しない場合は、奥さんに慰謝料を請求しても同じ家計内の財布だと思いますので、浮気相手だけに請求するケースが多いです。

この場合は、慰謝料請求の時効を過ぎないように注意してください。

 

慰謝料の相場はどのくらい?

慰謝料の相場は50万〜300万円と幅広いです。

 

夫婦関係継続(離婚、別居しない)

パートナーの浮気を知っても、離婚や別居などせずに婚姻関係を継続する場合の慰謝料としては50〜100万円ぐらいが相場です。

 

浮気が原因で別居になった

浮気が原因と別居となった場合の慰謝料は100〜200万円ぐらいが相場です。

 

浮気が原因で離婚になった

浮気が原因で離婚になった場合の慰謝料は200〜300万円ぐらいが相場です。

 

 

慰謝料の額は増減する

浮気といっても色々なケースがあるため、それぞれの状況によって慰謝料も変動します。

〜慰謝料が増減するポイント〜

  • 婚姻期間
  • 夫婦の年齢
  • 浮気が発覚する前の婚姻生活の状態
  • 精神的苦痛
  • 浮気の期間や内容 など

このようなことによって慰謝料は増減します。

少しでも有利な状態で慰謝料を請求するには、弁護士など法律に強い専門家に依頼した方がいいでしょう。

 

慰謝料を請求するときに絶対に使うもの

慰謝料を請求するときに絶対に必要となるものが一つあります。

それは“不貞行為のある浮気が立証できる証拠”です。

 

これがなければ浮気相手に慰謝料を請求することは難しいです。

 

この証拠は自分だけでつかむことは正直難しいです。

  • LINEで浮気相手とやり取りしているメッセージ内容の写メを撮った
  • スマホの中に浮気相手とのツーショット写真が入っていたので、その写メを撮った

このようなものを証拠と思う方もいますが、これは証拠として使えません。

 

証拠として使えるものとして、
浮気相手とラブホテルに入って相当時間出てこなかったときの証拠写真を数回分撮ったりすることです。

 

この証拠を自分一人で掴むことは正直不可能です。

 

慰謝料請求で使える証拠をつかむには、やはり浮気調査のプロである探偵に頼んだ方が確実です。

 

実際に私も探偵に依頼し、決定的な証拠をつかんでもらうことができました。

決定的な証拠をつかんでもらえたので、慰謝料も想像上に請求することができ、探偵費用も慰謝料内ですべて収まりました。

 

私が実際に探偵を依頼したときにチェックしたポイントをご紹介していますので、参考にしてみてください。

失敗しない探偵の選び方はこちら。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です